じゃむじゃむろけっと!!

じゃむ じゃむ ろけっと!!

"モノ"と仕事と同棲…とか色々!!

自分の頑張りを一番分かってくれているのは自分だよね。自分を褒めてあげよう。

f:id:yudaiohira:20170803015547p:plain

はいどうも、残業続きで発狂3秒前。ゆーだいです。

 

最近、仕事が立て込んで就業時間から余裕で2〜3時間は残業が続いています。

終業時間になったら即座に帰りたい僕からすると、異常ww

でも、自分が残っているから、頑張っているからと言って誰かが評価してくれているかといえばそうでもない…これが現実かぁと。

 

別に給料に反映されるわけでもなく、上司にねぎらいの言葉をもらうわけでもなく。

ただ、黙々と残業してました。

 

誰かに評価してほしい。認めてもらいたい。

そういう承認欲求だけが高まっていく毎日に疲れ始めてたんですけど、ふと気づきました。

 

自分の頑張りを一番分かっているのって自分だよねってことに。

ちょっと仕事に疲れ始めているそこのあなたに一言言わせてください。

 

もう少し自分を褒めてあげてね。

 

部下のことをちゃんと見てくれる上司なんて、ほんの一握りしかいないという現実がツラい

誰だって、上司に認めてもらいたいし、褒めてもらいたいって気持ちはあると思うんですよね。

褒めてもらって嫌な気のする人なんて、そうそういないと思うし。

むしろ、もいっちょやったりますかぁ!!くらいのモチベーションにだってなりうるんですよね。

 

だから僕は「褒める」ってそのくらい大事なものだと思っています。

 

でも、現実ってどうでしょうか。

仕事量も増えてきたし、僕(私)頑張ってるよね!!と思っていても、なかなか褒めてもらえたり、労をねぎらってもらえることなんてなくないですか?

 

むしろ、そんなのやって当たり前だろ的な空気感ありませんか?

ふざけんなよってww

こっちはお前の駒じゃねぇんだよって言いたい(社畜です)

 

ちょっと面白いデータを見つけました。

これは東洋経済ONLINEのある記事に載ってたものを引用させてもらってます。

f:id:yudaiohira:20170801011848p:plain

http://toyokeizai.net/articles/-/150855

 

やっぱ褒めてくれない上司の方が多いかぁ…

(案外褒めてくれる上司もいるということに驚きを隠せない)

 

 

日本の職場のイメージって…

俺が若い頃はなぁ!!ガムシャラに働いたもんよ!!ったく最近の若いやつは!!

こんなイメージがかなり強いです。

f:id:yudaiohira:20170803005449p:plain

 

今は少しずつ時代も変わっているのかもしれないですね。

ただ、絶対的に褒めたりてないけどww

 

上司が認めてくれないなら、自分が認めてあげればいいじゃない

僕は入職してから、2〜3年くらいは上司に褒められたい、認められたいと思って仕事してました。

ただ、必死に上司の言うことをハイハイ聞いて、言われるがままに動いてたんですけど、それがダメだったみたい。

 

途中で自分が何のために仕事してるのかが分からなくなってきたんです。

え、俺は上司の為に仕事頑張ってんの?みたいな。

 

そして、上司は認めてくれないと。

上司の為に頑張ってきた割には、上司に認めてもらえないと言う葛藤を抱えたままストレスだけが溜まってました。

 

そこで思い切って自分で自分を認めてあげることにしたわけです。

上司が認めてくれないなら、自分が認めてあげればいいんじゃないかっていう超単純な発想。

 

でも、それが良かった。

気分が楽になっただけじゃなく、逆に上司から褒められることが増えたんです。

理由は上司に頼まれたこと+α が自然とできるようになったから。

 

自分を認めてあげたことで、気持ちに余裕ができて自分のペースで仕事ができるようになりました。

 

まずは自分を褒めてみればいい

人から褒めてもらうのって意外と難しいし、自分は頑張っているつもりでも、その頑張りって可視化されにくい。

頑張ったプロセスも自分しか分からないですしね。

 

だからこそ、まずは自分で自分を褒めてあげなきゃ。

頭で褒めるのもいいし、美味しいもの食べに行ったり、ご褒美買ったり。

何でもいいから、自分を褒める。

 

そうすれば結果もついてくるし、何より自分が楽ですよ。

 

誰かに褒められたいと思う気持ちも分かりますが、まずは自分から。

 

今日はこんな感じ。