じゃむじゃむろけっと!!

じゃむじゃむろけっと!!

ただひたすらな雑記。。。

飽き性って悪いこと?切り替えが早くていいじゃん‼︎っていう視点で書いてみる

f:id:yudaiohira:20180426221842p:plain

ユーダイです。

前から薄々感じてはいましたが、僕自身かなりの飽き性みたいです。

だから言ってることがコロコロと変わるし、前はアレにハマってたのにもう違うことにハマっているみたいなことが腐るほどあります。

(嫁ちゃんにブログのコンセプト変えすぎだろってよく言われる…)

 

だから本来であれば"飽き性をなおす方法"とか"1つのことを長く続ける方法"みたいなことを頑張って考えて書けたらいいんですけど、そんなもの思いつきません。

むしろ今回は飽き性ってそんなに悪いことなの?がメインテーマ(強気)

【 そういやなんで飽きるのか?って考えたことなかった…】

自分自身がかなりの飽き性であることは自覚してます…自覚してるつもり。

 

そんな感じで今まではただ自分飽き性だからってなんとなく思ってただけなんですけど、そういやなんで飽きっぽいんだろうっていうのは考えたことなかったんですよね。

 

で、考えてみたら一瞬で答えでた。

楽しくなくなったから…

多分ホントに理由はこれだけだと思います。

 

楽しくないからつまらなくなって…飽きる。

 毎回この流れ。

 

【でも、飽きてないことだってある】

もちろん飽き性といっても全部飽きてすぐにやめたりはしてないわけで続いてることもあります。

それはブログ、ランニング、ファッション、仕事。

他のことは続かないのになぜかこの4つは続いてたりします。

 

これも理由を考えてみました。

キーワードは

「変化」「楽しい」「強制力」

多分僕が何かを続ける上でこの3つのうち、どれか1つは入ってないと続かない。

 

ブログやファッション、ランニングって常に変化があるんですよね。

書く内容変えたり、コーディネート考えたり、走るコース変えてみたり。

いつも同じじゃないし、楽しいから飽きないんですよね。

 

例えばゲームとかは、最初は楽しくてハマるんだけど一度クリアしたらストーリーや流れが分かっちゃうから飽きてくるし、マンガも同じです。

 

マンガとかせっかく単行本買っても一度読んでしまったらしばらく読まないから、最近はアプリで面白そうなの探してツタヤで借りてさっと返してます。

その方が家のスペースもとらないし、コスパもいいし。

 

あと仕事が続いているのは、やらなきゃ生きていけないっていう強制力が8割で残りの2割は変化のある仕事だからって感じです。

強制力強し。

 

もし単なるデスクワークとかだったらさっさと転職しちゃいます。

 

【別に飽きやすいって悪いことじゃないよね?自分の感情に正直な証拠じゃない?って思う】

今まで散々コロコロ変わりすぎとか、飽きっぽいとか言われてきました。

そんな中で今思うのは

飽きっぽくてもいいんじゃね?

だって自分の感情に正直な証拠じゃない?

ってこと。

 

もちろん続けることが悪とかじゃないし、続けることで変わってくることもあるし。

(仕事は嫌々続けてたけど、ちょっと楽しくなってきた。)

 

ただ無理に我慢して続けるよりは「これ違うな」「楽しくないな」っていう自分の感情に正直でいられる方がいいんじゃない?って思うんです。

 

無理に我慢しないといけないほどのことを続ける時間で、パッパと切り替えて進んでいたら自分が自然と続けられることに出会えるかもしれないし。

 

飽きっぽいっていうのはまだ自分がハマれる「何か」を見つけられてないってことだと思います。

だから、いっぱい色んな経験をして、色んな視点で物事を見て、好きなだけ飽きたらいい。

そんで最後にハマれる「何か」に出会えたら自分は飽き性でよかったんだって思えるはず。

 

そんな感じで自分の飽き性を正当化したところでおしまい。