じゃむじゃむろけっと!!

じゃむじゃむろけっと!!

"モノ"と仕事と同棲…とか色々!!

【レビュー】「and wander」の40Lバックパックを使ってみたら、他のバックパックが使えなくなった。

f:id:yudaiohira:20170118011413p:plain

今回は、僕が愛用している「and wander」の40Lバックパックのレビューをお届けします。

 

ぼく自身「Supreme」や「Burton」などの自分の理想に合うバックパックをずっと探してきたんですけど、このバックパックがダントツに使いやすいです。

 

【目次】

シンプルなデザイン。

ぼくが使ってるのがこのモデル。

and wanderのバックパックの中では最大容量の40Lです。

デザインはとてもシンプルなんですけど、この少しゴチャゴチャしてる感がなんとも言えないですね。

 

カラー展開もブラックとホワイトの2色展開のみになってます。

 スポンサーリンク

 

使ってみてよかった4つの機能

ここからぼくが使ってよかったと感じた部分をお伝えしていきます。

 

①ポケットが多くて使いやすい!!

このバックパックには全部で6つのポケットが付いているんですが、その中でも特に重宝しているのがここ!!

 

f:id:yudaiohira:20170118012200j:plain

さりげなく付いていますが、これが普段使いでも結構便利なんです。

これのおかげでサラッとイヤホンや鍵なんかの小物を取り出せるようになったので、いちいちバックパックを下ろして取り出すという手間が省けるようになりました。

 

使ってみると分かるんですけど、この位置のポケットはかなりありがたいです。

使うたびに実感してます。

 

②防水機能が優秀!!

防水機能もバックパックには必須ですよね。

そもそもand wander自体はアウトドアブランドなので、耐水圧2000mmと防水機能はかなり高めです。

 

ちなみに耐水圧はというと…

耐水圧とは、浸みこもうとする水の力を抑えようとする性能値のことです。もっと詳しく言えば、生地の上に1cm四方の水を積み上げていき、何mmの高さまで生地の裏側に水が漏れずに耐えられるか、という意味になります。

  https://hinata.me/article/719538563354036942

つまり、このバックパックは200cmの水が積み上がっても耐えられる性能を持っているということになります。

 

雨の日に持ち歩く傘が500mm程度なので、シンプルに4倍の耐水性を持っているということになりますよね。

 

自転車通勤してると、もちろん雨の日もあるんですけど服はビチョビチョでもバッグの中身は全く濡れてないです。

あくまで撥水ではないので、完全防水ではないんですけど、濡れてるのはバッグの表面だけで中は湿気もないような感じ。

 

やっぱり、山を登ることを想定して作られているだけあって、多少の雨ではビクともしないし、大雨にもある程度耐えられるようになっています

 

ぼくみたいに通勤が徒歩や自転車の方、パソコンなんかの機械類持ち歩く方には、メチャクチャありがたいですよね。

 スポンサーリンク

 

③ものが取り出し易い!!

最近のバックパックって大体横にジップがついてて、そこからメインスペースにアクセスできるようになってますよね。

 

このバックパックみてもらうと、もう一目瞭然ですね。

 

f:id:yudaiohira:20170118012411j:plain

フロントに大きく斜めにジップがついてるんです。

 

通常のバックパックは、サイドにジップがついていているので、一応下に詰めてるものも取れるんですけど、取り出し口が狭い上にバックの中身全体は見えにくいんです。

 

だから、どうしてもカバンの中身をゴソゴソしながら取り出さなきゃいけない。

普段出かけるだけならまだしも、旅行なんかで荷物が多い時は、自分が欲しいものをパッと出せないことも多々ありますよね。

 

でも、これだとバッグの中身が一望できるので、他のバックパックを使っていた頃に比べてストレスは大幅に減りました。

 

④多彩にサイズ調整できる!!

このバックパックには、サイドにベルトがついてて、これで中に入れる荷物の量を調整することができるんです。

f:id:yudaiohira:20170118013749j:plain

サイズ調整ができるメリットは3つ!!

  • 荷物がグチャグチャにならない
  • パソコンなどの電子機器が中で動かない
  • 必要時以外はコンパクトにできる

ぼくも初めは必要性を感じてなかったんですけど、使っていると徐々に必要性がわかってくるんです。

 

特にパソコンを持ち運びし始めてから痛感することが多くなりました。

 このバッグはあくまでアウトドア向けなので、パソコンを収納するスペースとかはないんです…

でも、パソコンってあまり揺らしたくないですよね?

 

そこでこの調整ベルトが役に立つんです。

しっかり締めておくと結構固定されるので、パソコンが揺れる心配もなくなりました。

 

あと、上にも広げられるようになってるので、荷物が増えた時なんかはスペースを拡大して収納することができますよ。

 

旅行なんかの時は、お土産なんかで荷物が増えるのですごく助かってます。

 

以上、ぼくがこのバックパックを使っている中で感じることを挙げてきました。

 

サイズ展開は3種類

ちなみにand wanderのバックパックは全部で3種類のサイズ展開があります。

僕が街中歩いてて、一番よく見かけるのは20リットルですね。

それも女性の方が使ってることが多いイメージがありますね。

小ぶりでデザインも可愛らしいので、普段使いにしたい方は20リットルや30リットルの大きさで十分だと思います。

 

男性だと30リットルや40リットルを使われている方をよく見かけますね。

僕みたいに旅行やアウトドアによく行かれる方は、40リットルをオススメしますよ。

 

今日はこんな感じ!!