読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃむじゃむろけっと!!

都会に馴染ぬ田舎っぺの若造がおくる、勢いにかまけた雑記。

絶対に言っちゃダメ!!上司が部下に嫌われる原因ワード BEST3!!

 スポンサーリンク

 

f:id:yudaiohira:20170110221038p:plain

最近ね、仕事してて上司に注意されてる時にさ…

それは言っちゃあかーーーーん!!ってなることが多々あるわけで。

せっかくだから、部下がいる立場の人…つまり上司の方に向けて、言ってやろう!!と思ったわけであります!!

 

で、ぼくが今まで上司に言われて超超超ーーーー不快だったっていうかイラッときたキーワードを3つ挙げてみた。

 

上司の人は、ウワァ〜これ言ったことあるわぁってなるかもしれない。

でも、その思いやりのない言葉が部下の心を傷つけてるってことに気づけたら…あなたはきっと、部下から慕われる上司になれる!!はず…他のところに嫌われる理由があるなら、それは知らねぇ。

 

では、早速いってみよーーー!!

 

 

①「そうなると思ってた。」

あ〜〜これね。って思った人も多いと思う。

ミスした後に言われることが多くて、これ言われるとなかなかにイラっとする。

 

そうなると思ってた? は?

じゃあ、先に言えよバカヤロォォォォーーー!!

言われた時はこの感情しか沸かない。

なんで先に言わないの?

成長してもらうためだとか、なんとか言ってるけどさぁ。

アホか!!

先に教えてくれても成長するし、むしろこの注意されてる時間が無駄じゃんよォォ!!

 

ていうか、自分も実は想像してなかったんじゃないのかぁ?! アァ?!

とすら、思えてくるこの言葉。ぼくも普段は穏やかですよ、すごく

完全に部下の怒りを買っちゃうやつ、これは。

 

②「ぼくが〇〇さんくらいの時には、ちゃんとできてたけどね。」

なぬゥゥゥ!!

そりゃあさ、確かに仕事できるのが一番でしょうよ。

ただ、昔の自分と比べる必要なくね?

ていうか、お前も仕事できてたか分かんねぇだろうがァ!! 

そもそも、ぼくができないってことはお前の指導や説明も悪いってことになるんじゃあねぇのか?!

自分が指導できないことを棚に上げてんじゃねぇ!!

このパターンは、部下から"仕事できる上司"っていうイメージがついてないとただのイタい奴になっちゃう上に、部下のことをみていないと思われるから要注意だぞ、マジで。

 

③「〇〇さんはこういう人だから、ダメなんだよ。」

ん? 

待て待て待てぇぇぇーーーい!!

なんであたかも、ぼくのことを全部知ってるような言い方するんだ?

 どれほどぼくのことを知っているかは分からんが、よっぽど仲のいい上司でもない限り自分をさらけ出すようなマネをするわけねぇだろ!!てか、できねぇ…

 

自分の主観だけで部下のことを決めつけると、それが間違ってた時に人を見る目がないクソ野郎だねって思われるから、思ってたとしても口に出さない方が無難だな。

 

まとめ

とりあえずまとめとくと、口は災いのもと!!ってことだな。

自分が思ったことをそのままパッと口に出さずに、もし自分が同じことを言われたらって考えると部下にかける言葉のチョイスも変わってくるし、それが習慣化すれば考えなくても、自然と適切な言葉をかけられるようになってくる!!

これは仕事の人間関係だけじゃなくて、誰に対しても言えること。

 

ぼくの経験上、これができる人の悪口は聞いたことがない!!

つまり、人にいい印象を与えることができてるってこと。

言葉の積み重ねが"人柄"をつくると僕は思う。

 

明日から何気ない会話の中でも言葉のチョイスを意識していこ!!

 

ではでは〜!! 

 スポンサーリンク