読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃむじゃむろけっと!!

都会に馴染ぬ田舎っぺの若造がおくる、勢いにかまけた雑記。

忘年会なんて行きたくない!!そう感じる理由と、そんな時の対処法を伝えようと思う。

f:id:yudaiohira:20161205012726j:plain

こんばんは〜。 ゆーだいです。

早いもので、もう12月!!

忘年会のシーズンですよね。

 

ぼくね、職場の忘年会なんて行きたくないんですよね。昨日忘年会だった

今年で社会人3年目になりますが、やっぱり行きたくないな〜。って思っちゃいます。

 

なんで職場の忘年会は行く気が起きないのか?

その理由と、そんな時の対処法をお伝えしようと思います。

 

なぜ対処法なのか…

 

理由は簡単。 

忘年会なんて行かなくていいじゃん!!

そんな一言で片付けられない人が、大半だからです。ぼくを含めてね

 

ま、軽い気持ちで見てってください。

 

では、レッツゴー!!

 

 

忘年会なんて行きたくないんだよ!!その理由は?

そう、ぼくは忘年会なんて行きたくない。

そりゃ、職場も人間関係も最高!!って人は違うんだろうけど…

 

ただ、ぼくがそう思うのも何か理由があるはず!!

そこで、個人的に行きたくないと思う理由をいくつか挙げてみました。

 

共感してもらえたら、嬉しいです。

 

①参加費が高い

これは、職場にもよると思います。

会社が負担してくれるところもあるでしょうし、一部負担の会社もあるでしょう。

 

ただ、ぼくの場合は全額自己負担。

約5000円…

 

高いよ!!

 

普通にコースで飲み会いっても4000円にはおさまるよ!!

こんな不景気な時代にナメんじゃねえよって話です。

 

すんません、なんか愚痴っぽくなりました。

 

②上司に気をつかう

これは、多くの人に共感してもらえるのではないでしょうか。共感して欲しいだけ

 

せっかく高いお金出してるのに、上司のお酒の量をチェック→適度なタイミングで声かけして注文→これの繰り返し。

 

いやいや、待てよと。

 

高いお金出してるのに、上司のお酒チェッカー?

ふざけんなよって話ですよね。

 

しかも、気使って思ったことも話せないし、そりゃ愛想笑いも上達しますよねー。

 

せっかくの楽しい飲み会も"上司"ていう存在があるだけでめまいが…

 

③忘年会に参加する価値を見出せない

そうなんですよね。

 

毎回思うんですけど、何のために忘年会行ってるんだろう?ってなるんです。

 

職場のみんなと親睦を深めるため?

普段できない仕事の相談をするとか?etc...

 

なんかね…自分が参加して得られるものがこれといってないんですよね。

 

どうせなら、友達と飲みに行った方が"楽しさ"が得られるし、買い物に行った方が"欲しいもの"が得られるよなーっと思ってしまう。ひねくれてるな

 

参加費の話ともリンクしてきますが、結局、自分が支払ったお金に対する見返りが低いと感じる。

 

だから、忘年会に行きたいと思わない。

多分これが一番、大きな理由ですね。

 

行きたくない!!でも、行かないといけない…そんな時は?

行きたくない!!とは言っても、なんだかんだ行かざるを得ないのが、世の常…

 

でも、どうせなら気持ちを切り替えて行きたい!!

 

そんなあなたに、少しでも気持ちを切り替えられる方法を紹介します。

 

①どうせ行くなら、楽しいポイントを探せ!!

まあ、ブーブー言ってもどうせ行かなきゃいけないんだったら、その忘年会の中に"来てよかった"と思えるポイントを探すように心がけてみましょう。

 

例えば…

・お、ご飯がなにげにおいしいぞ!!

・いつもは怖いあの先輩が少しだけ優しい…気がする

・あれ?あの女の子いつもと雰囲気が違ってかわいい!!etc...

とかね。

 

こんな風に楽しい部分に焦点を当てることで、マイナスな感情からの脱却を図ってみてくださいね。

 

そうでもしないとやっていけないですよね。 

 

②忘年会が終わったら、忍者になれ!!

さ、ここが正念場。

忘年会が終わったら全て終わりではありません。

 

二次会という名の、地獄が待っていることもあるので油断してはダメですよ。

 

パターンとしては…

①二次会もなく、そのまま帰れたラッキー!!

 

②二次会がある…だと!? でも、逃げ遅れてそのまま参加しないといけなくなった…

 

③二次会がありそうだな…一次会が終わったらさっと帰ろう!!

の3パターンがありますね。

 

そこで大事なのは、③番のパターンです。

まずは一次会が終わった後に、二次会があるかを察知すること。

 

そして、二次会がありそうなら忍者になって、隠れ身の術ばりに姿を消しちゃえばいいんです。

うまくいけば誰にも気付かれずに帰ることができるはずです!!

 

これができないと②番みたいに、逃げ遅れる羽目になりますよ。

 

③忘年会の後に、自分の楽しみを作っておけ!!

 最後の方法ですが、忘年会が終わった後に自分だけの楽しみを作っておくことをオススメします!!

 

そうすれば、忘年会もその楽しみをモチベーションに乗り切ることができますよ。

 

楽しみはささやかなことでも構いません。

 

ぼくの場合は、嫌なことがあった時はハーゲンダッツを食べると決めているので、それを楽しみに忘年会を乗り切りました。

 

まとめ

忘年会は、上司に気をつかったり、参加費も高かったり、挨拶まわりでろくろくご飯も食べられなかったりと、自分の出した金額に対する見返りが少ない時に、行きたくないと感じるみたい。

 

そんな、忘年会へ行きたくない時の対処法として

①忘年会の中での楽しみを見つける

②忘年会が終わって、二次会がありそうなら、忍者のごとく隠れろ!!そして、そのまますみやかに帰宅しろ。

③忘年会の後に、自分の楽しみを作っておけ

 

という、3つの対処法を紹介しました。

 

ま、みんな色々大変だけど、頑張っていこうぜ!!

 

ではでは。