読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃむじゃむろけっと!!

都会に馴染ぬ田舎っぺの若造がおくる、勢いにかまけた雑記。

"買い物依存症"だったぼくが、その原因と克服方法を伝えようと思う。

f:id:yudaiohira:20161130015208p:plain

どーも、こんばんは。 ゆーだいです。

今まで自分のことをさらけ出してきましたが、今回も何のためらいもなくさらけ出していきますね。

 

いきなりですが、みなさんは"買い物依存症"って知ってますか?

それが何かは、このあと説明します。今しないのかよ

 

多分ぼくね、"買い物依存症"だったんです。

ただ、最近少しずつではありますが、おさまってきている気がするので、買い物依存症を自分の経験と交えてお伝えしようと思います。

 

【目次】

買い物依存症ってなに?

はい。

まずは何だよそれ?ってことですよね。

 

買い物依存症ってのは…

買い物依存症とは精神疾患の一つであり自身にとって不必要、あるいはすでに同様の物を所持しているにもかかわらず多数の物品を購入してしまうという症状。

   引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/買い物依存症

 

せ、精神疾患⁉︎⁉︎⁉︎

 

え、俺って精神疾患もってるの?

 

うーーん、ウィキペディア先生厳しいよ!!

 

でも、たしかに同じような服をいっぱい買ってしまってるんだよな…

だから、コーディネートも同じような感じになってしまうし。

 

ちょっとヤバいかも。

 

買い物依存症の原因

買い物依存症の原因は、ズバリ "ストレス" です!!

 

仕事とか、人間関係とかで溜まったストレスを、物を買うことで発散するという感じですね。

 

もう悪循環でしかない!!

てか、去年のぼくは、まさにこの状態でしたね。

 

服に、靴に、スノーボードetc...数えるとキリないです。

 

ちなみに、買い物依存症に陥りやすいのは男性よりも女性です!!

男性はギャンブルで、女性は物で心を満たそうとする傾向があります。

 

え、おれ女性なの?

たしかに、ギャンブルには興味ないし、服とか靴大好きだし…

 

でも、最近は男性でも、ファッションに興味ある人多いし、オレだけじゃないっしょ!!現実逃避

 

買い物依存症から抜け出せない3つの理由

買い物依存症になっちゃうとなかなか抜け出せないです。

その理由を考えてみました。

 

①まあ、なんとかなるでしょ。って気持ちがある

ぼくもそうなんですけど、"なんとかなるでしょ"って心のどこかで思ってしまってるんですよね。

 

そうなると歯止めがきかなくなる。

 

そのうち、なんとかならない日が来ますからね!!

 

②クレジットカードを持ってしまう

これ大きいですよね。

社会人になってから持つ人の多いクレジットカード。

 

クレジットカードを持つと、お金の感覚が狂っちゃうんですよ。

その時は払えるから。

ただ、後で大きい波が返ってきますけどね。

 

ご利用は計画的にってやつです。

 

クレジットカードの怖さについてはこの記事を読んでみてください。

震えますよ。

 

www.yudaiohira.com

 

③すぐにモノを買える環境が近くにある

最近は、ショッピングサイトも多くて、スマホやパソコンから簡単に買い物ができる時代になりましたよね。

スマホを見てると、広告なんかも出てくるし、インスタなどのSNSとかでも服や靴などの"もの"を見かける機会が増えたことも影響していると思います。

 

あとは、田舎から都会に出てきて、ショップへ気軽に行けるようになったとか。これぼくのことです

 

近くに物を買える環境があると、仕事帰りでもふらっと寄れてしまうあたり、すごく怖いですね。

 

ちなみに、ぼくは田舎に住んでいた時、常にジャージでした。

なので、親の仕送りとかも毎月余って余裕のある暮らしをしてましたね。

なんでこんなのになっちゃったんだろ

 スポンサーリンク

 

買い物依存症を克服するには?

原因はわかった…

じゃあ、どうすれば克服できるんだって話ですよね?

ここでは、ぼくが実際に試した4つの克服方法をお伝えします。

 

①買い物依存症であることを自覚する。

これが買い物依存症を克服する第一歩だと思っています。

 

ぼくの場合、まわりから

「物買いすぎじゃない?」

と、言われたことがきっかけで調べてみたんです。

 

そこで、買い物依存症を知って、その内容が当てはまってたから初めて自覚できたんです。

自覚がなければ、克服はかなり難しいと思いますよ。

だって、治そうにも自覚がないとね。

 

まずは自覚を持とう!!ってことで…

 

下にチェックシートなるものを載せてみました!!

もしかしたら自分も…って人は、チェックしてみてくださいね。

 

買い物依存症チェックシート
以下の10個の項目にいくつ当てはまるものがあるか、数えてみてください。

  1. 買い物がストレス発散だ、買い物をすると気分がスッキリする
  2. 買い物をやめようとするとイライラする、不安になる
  3. 欲しい!と思ったら買うまで衝動が落ち着かない
  4. お金がなくてもクレジットカードや借金を利用してまで買い物する
  5. 生活費を削ってでも買い物をしたい、我慢できない
  6. 必要のない高額なものも買ってしまう
  7. 買っただけで満足して使っていないものが多い、何を買ったか把握していない
  8. 買い物の内容や値段について問い詰められると嘘をつく、隠す
  9. お店の人から褒められると気分が良くなり、つい買ってしまう
  10. 週に3日以上、または6時間以上買い物に時間を使う

さて、いくつ当てはまるものがあったでしょうか?
当てはまるものが3つ以上あったら、すでに買い物依存症になっている可能性が高いです。

当てはまる項目が1つか2つしかなくても、どうしても買い物を我慢できないのなら買い物依存症になりかけている疑いがあります。

 引用:http://josei-bigaku.jp/kaimonojosi5454/

 

ぼくも、以前はこのチェックシートにかなりのチェックがついていましたが、今は2つにまで減っています。まだ2つあるんかよ

 

②クレジットカードを解約する

これ結構重要です!!

 

自覚が持てたら、次はお金が発生するもとを断つわけです。

 

だって、お金が払えるから買っちゃうんでしょ?

じゃあ、その発生源をブッ壊してしまいましょう!!ってことですね。

 

えーー、でも一応持っとかないと、急にお金が必要になるかもしれないしー。

とか、言う人は知りません。

そのまま、悪循環のループに落ちて、イタイ目みればいいと思います。

 

一度イタイ目みた人は、カード持ってても使わなくなるパターンもあると思います。

ぼくとか、ぼくとか、ぼくとか

 

最悪、解約はしたくないって人は、引っ張り出すのが超ーめんどくせえ!!ってとこにしまっちゃいましょうね。

 

その使いたい場面に、カードがなければいいわけですから。

 

③ほしい!!と思っても、1週間我慢してみる

これができれば、あなたも上級者!!基準ないけど、なんとなくね

 

多分、買い物依存症の人って、頻繁に買い物に出かけたり、スマホで特に買うものがなくてもショッピングサイトなりを開いてると思うんですよね。

 

それをやめろとは言いません。

やめられたらいいですけど、なかなか難しいと思うので…

 

ただね、これいい!!ってものがあった時に欲しい気持ちをグッとこらえる練習をしてみるんです。

 

1週間続かない人は、1日だけ我慢してみるとか、我慢する範囲は自分で決めてください。

それで、忘れてるようなら、そこまで欲しくないものの可能性が高いですよ。

 

ぼく自身も、その場を通りすぎて帰る頃には、忘れてることが多いです。

 

あと、ぼく自身は服や靴を買うことが多いので、ピンとくるアイテムを見つけた時は、自分が今持っている服や靴と何通りの組み合わせができるかをその場で考えます。

 

思い浮かぶパターンが1〜2通り程度なら、買うのためらうようになってきました。

最低でも、3パターンは欲しいですよね。

 

④モノを買うこと以上に、ストレスを発散できることを見つける!!

これもなかなか難しいですが、買うことよりもストレスを発散できることを見つけられると、グンと"脱 依存症"への道が大きく開けますよ。

 

ぼくの場合は、"彼女とデートすること"や"友達とワイワイすること"なんです。

 

モノを買った時は、わずかな時間しかストレス発散にならないんですよね。

だから、すぐにストレスが溜まって、物を買ってしまう。

 

友達や彼女とワイワイ遊んだ時は、最中はもちろん、そのあとも余韻が残って、仕事もやる気が入ったりします。

 

ちなみにブログを始めてからは、ブログを書くことの方が楽しいので無駄に外出する事はなくなりました。

 

特に趣味とかないしーって人も、最初からそんなこと言わず、マンガやDVD借りてみたりするだけでも、無駄な外出を抑える事はできると思いますよ。

 

まずは探してみることですね!!

 

まとめ

結論、物欲を満たすことは一時的なストレス発散にしかならないです。

 

それよりも"没頭できる何か" "楽しめる何か"を見つけてください!!

 

ぼくの場合、まわりの人のおかげで気づくことができましたが、なかなか自分では気づくことのできないものだと思うので、この記事が誰かの気づきになれば幸いです。

 

ぼくみたいなカード返済に追われる人が少しでも、減ってくれたらいいなと思います。

 

ではでは。

 スポンサーリンク