読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃむじゃむろけっと!!

都会に馴染ぬ田舎っぺの若造がおくる、勢いにかまけた雑記。

自由になりたい=働きたくない。ではないと思う

f:id:yudaiohira:20161122222259j:plain

こんばんは。 ゆーだいです。

"自由"っていい響きですよね。

何にも縛られない感じがあって、好きな時に寝て、好きな時に遊んでみたいな。

ぼくも、そんな風に思ってました。

 

最近までね。

 

 

とにかく自由が欲しくて仕方なかった

ちょっと前までのぼくはね、とにかく自由になりたかったんです。

仕事とか、人間関係とか、わずらわしいものから全て解放されて、好きな時に好きな人たちと遊んで暮らしたい!!…なんて思っていました。

理由は…なんだろ、よくわかりません。

 

ぼくみたいなリハビリの仕事は特にですが、毎日、分単位で動かないといけない。

常に理論と根拠を求められる。

上司には気をつかって思ったことも言えない。

こんな環境の中では、せっかくの休みも一瞬です。

たぶん、そんな日常から抜け出したかったというのが一番の理由だと思います。

 

解放されることだけが、自由ではないことに気づく

ある日ね、ふと考えてみたんですよ。

ぼくが求める自由って、ほんとに何もかも解放されて、ただ、毎日を好きなように生きることなのかって。

 

ちょっと想像してみました。

・毎日友達と遊び呆けたら

・毎日マンガばっかり読み漁ったら

・毎日DVDやYoutubeみれたら

・毎日買い物行って好きなもの好きなだけ買ってたら

 

正直、人間終わるなって思いました。

面白くないよ、こんな生活。

 

だって、この中に一つも頑張ることがないですもん。

張り合いがないよね。

 

じゃあ、ぼくが求めてる自由って一体なんなんだよって話。

 

自由になりたい=働きたくない。ではない

自分が求める自由って何かを考えた時に、思い浮かんだのが学生の時に地元でしていた農作業のバイトでした。

トマトの収穫を中心に、稲刈りやその他もろもろ、農作業と呼ばれることは色々経験させてもらってたんです。

その時はバイトが楽しくて解放されたいなんて気持ちはありませんでした。

 

つまり、ぼくは働きたくないわけではなかったんですよね。

むしろ、農作業のバイトでは清々しい気持ちすらめばえてました

 

じゃあ、働いてるのに、今の仕事と何が違うのかってことですよね。

 

1つめは…時間の使い方

今の仕事:分単位で時間に追われる

バイト :時間内であれば、作業の進め方は自由

 

2つめは…人間関係

今の仕事:上司に気をつかう。思ったことも言えない

バイト :気さくなおっちゃん。和気あいあいと仕事ができた

 

3つめは…業務内容

今の仕事:していることに理論と根拠を求められる

バイト :頼まれた作業ができるなら、自由に進めてよし。

 

結論…

ぼくが求めているのは、仕事の中の自由度

時間に追われてせわしく動くのではなく、決められた時間の中でどう動くかを自分が決められる環境の方が性に合っているということですね。

 

こうやって自分が楽しく働いた経験があると、今の仕事に不満が出てきた時に何が違うのかを比較して、自分にあった働き方が探せるかもしれないですね。

 

もう、実家帰って農家になろうかな。