じゃむじゃむろけっと!!

じゃむじゃむろけっと!!

"モノ"と仕事と同棲…とか色々!!

ぼくがリボ払い地獄で気づいたことを全力で伝える

f:id:yudaiohira:20161113141253j:plain

どーも、ゆーだいです。

 

今日は、自分の恥ずかしい過去と今についてぶっちゃけたいと思います。

 

1.クレジットカードを作った経緯

ぼくは、医療関係の仕事をしています。

その都合上、勉強したり発表しないといけないことが多々あり、ネット環境が必要な状態にありました。

 

自宅にネット回線を引くか、ポケットwi-fiにするか迷った結果、ポケットwi-fiを選択。

 

手続きしていくと、ポケットwi-fiの月々の支払いにクレジットカードが必要ということが判明し、すぐさま近くのデパートでクレジットカードを契約しました。

 

 

2.クレジットカードの魔力

クレジットカードを作ってからは、手を出してはいけないと封筒の中に封印していました。

 

      しかし‼️

 

働き始めたことや田舎から都会に出てきたことで、ぼくの隠れていた物欲が爆発し、給料のほとんどを服や靴に使ってしまうハイパー浪費家になっていました。

 

そして、貯金もほとんどない状態でノートパソコンが故障…

 

修理も難しく、買い換えるしかない…でも、お金がない

 

そこで悪魔のささやきが…

悪魔
悪魔

 

お前にはクレジットカードがあるじゃないか!!

あ、そうかその手があったな!!           

 

でも、あれを使うと歯止めがきかなくなりそうなんだよなー。

ゆーだい
ゆーだい
悪魔
悪魔

パソコンくらいお前の給料ならすぐに返せるよ!!   

 

大丈夫だって!!

まあ、そうだよな!!

 

おれの給料ならすぐ返せるし、今買わないといけないもんな!!

 

よし!!買おう!!

ゆーだい
ゆーだい

 

と、まあこんな感じで思い切って「Macbook Air」を購入。

 

高い買い物をしたのに、自分が持っているお金は減らないというのは気持ちがいいものです。

 

これがきっかけで、お金持ちになったような気分になり、その後も服や靴をクレジットで買うようになってしまいました。

 

いま思い返すとほんまアホやなーと思いますが、その時は欲しいものを我慢せず買えていたのでルンルンでした。

 スポンサーリンク

 

3.悪魔のリボ払い設定

クレジットカードを使っていく中で気づいたことですが、カードを契約した際に「自動でリボ払いになる設定」にしていました。

 

これが地獄の始まりでした。

 

リボ払いだと、カードを使っても毎月の支払いは数千円程度に収まってしまうので、あまり危機感がわかず、給料が入ってもカードも使うというパターンに陥っていました。

 

しかも、明細表を見ても「このくらいすぐ返せるだろう」とすごく楽観的に捉えてしまう始末。

 

その結果…

 

気づけば、月に数千円程度の支払いでは利息分しか払えていないとメールで通達がきました。

 

支払い代金総額、約120万円…

 

さすがのぼくもその額には、冷や汗がでたし、そこでやっと事態の深刻さに気づくことができました。

 

どこのクレジットカード会社もそうですが、リボ払いにするとだいたい、年間約15%の利息がつきます。

 

つまり、ぼくは100万円近く使って15万円の利息を生み出していたということに…

 

もう唖然です(笑)

やっと我に返ったときは、すでに手遅れ。

 

そこから返済の日々が始まりました。

 

4.返済地獄に落ちる

情けない話ですが、親に頭を下げて振込で一括返済し、利息を少し減らした状態で毎月7万円を親に返済しながら、今に至ります。

 

毎月7万ですよ!!

 

ただでさえ不景気なこの時代に7万円…トホホといいたいところですが、自業自得なので何も言えません。

 

この先ずっと親には頭が上がらないことでしょう。

 

ちなみに現時点で残り76万円。

 

今後はボーナスも含めて、巻きで返済していく予定です。

 

今回は、まだぼくが仕事についているから返済もなんとかなっていますが、もし給料がすごく低かったらとか考えるとゾッとします。

  

5.まとめ

・リボ払いには絶対しない!!

・返済は計画的に!!

・基本的には現金払い超絶オススメします!!

 

今回の経験からぼくは、上の3点以外にもう一つ大事なことに気づきました。

 

それは、お金はものに使うより経験に使う方がいいってこと。

 

ぼくの場合は、オシャレさんになりたいとのぼせ上がった挙句、このようなことになりました。

 

結局、自己満足のために服や靴をどれだけ買っても満たされないんです!!

 

経験したことは、思い出したり、笑い話になったり、自分の糧になったりしますよね。

 

ぼくも今回の件は、自分にとってすごくタメになった経験だと思っています。

 

そして、ぼくはこれを返済し終わったら、本格的に仕事を辞める準備に取り掛かりたいと思っています。

 

このブログみて、少しでもリボ払いにしちゃう人が減ったらいいなーと思います。

 

ではでは。